デュ~クメモ

しょ~もないことから、もしかしたら役に立つことまで、そこはかとなく書いていきます。

ダイビング事故 2014.05.24 伊豆半島・獅子浜 男性1人死亡

24日午後0時半前に、獅子浜でビーチダイビングした際、潜った直後にダイバー客・山崎哲哉(40才)が溺れ、死亡した事故。

 

当事者:長野県内のダイビングスクール(ドルフィンズドリーム?)、インストラクターと客あわせて5名。

NHK ダイビング中に溺れ男性1人死亡 2014.05.24、a708

 

長野県長野市にある「ドルフィンズドリーム」のWebサイト上のスケジュール

指導団体:PADI ショップ

 

f:id:dukecave:20160613192229p:plain

 

5/24に獅子浜・5/25には大瀬崎でファン&ディープSPを予定しているので、恐らくこのサービスが事故にあったのだろう。

(その後、5/24以降の全てのツアースケジュールが抹消された。)

f:id:dukecave:20160613192307p:plain

翌日の大瀬崎ボートダイビングに備えて、初日は獅子浜でビーチダイビングする予定だったようだ。

事故に遭われた男性はブランクダイバーだった可能性もある。

獅子浜はビーチでも深度を40mくらいとれる。
私も以前ここでテックをやったことがあるが、海底が急な傾斜をしていて、すぐに高深度に達する。テクニカルダイバー向けのポイントとも言える。

ダイバー客のレギュレーターが外れパニックにでもなったら、イントラがすぐ気づいて引き上げても、高深度で事故が発生したのであれば、助からないだろう。

 

テクニカルダイビングやディープSPを実施するような高深度潜水では、万一トラブルが発生した際に、同行するイントラの手に負えないケースが多々あると思う。

この事故は、引率するダイバー客の人数、イントラやダイバー客の熟練度の問題というより、もし起きても防ぎようが無い事故のように思える。なんともダイビングサービスが気の毒である。(もちろん亡くなった男性も)

 

2014.09.20現在、お店のホームページを観たら、通常通り営業していた。