読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュ~クメモ

しょ~もないことから、もしかしたら役に立つことまで、そこはかとなく書いていきます。

ダイビング事故 2014.02.14 インドネシア・バリ島沖レンボンガン島 女性2人死亡

2014年2月、バリ島で日本人2人が死亡する痛ましい事故が起きた。

f:id:dukecave:20160613200353j:plain

 

14日朝からバリ島沖のレンボンガン島「サケナン」でボートダイビング(ドリフト?)をしていた、日本人女性7人が行方不明になり、後に5名が救助されるも、2人死亡が確認。

当事者:バリ島のダイビングサービス「イエロースクーバ」(HISツアー)
http://www.yellowscuba.com/ ←事故後閉店

内訳(全員女性)

スタッフ:

f:id:dukecave:20160613193748j:plain

高橋祥子(35才、オーナー兼イントラ):行方不明→死亡(3/15発見)

f:id:dukecave:20160613193815j:plain

古川さおり(37才、イントラ):行方不明→2/17救助

 

ダイバー客:

f:id:dukecave:20160613195639j:plain

・宮田律子(59才):行方不明→死亡(2/18発見)

 

f:id:dukecave:20160613202047j:plain

・山本栄美(33才、沖縄ダイブハウスワンピース経営、イントラ):行方不明→2/17救助
・吉留温美(29才、神戸大学医学部付属病院 看護師):行方不明→2/17救助

・冨田奈穂美(28才、神戸大学医学部付属病院 看護師):行方不明→2/17救助
・森園彩(27才、神戸大学医学部付属病院 看護師):行方不明→2/17救助

f:id:dukecave:20160613200326j:plain

 

NHK バリ島で日本人女性7人行方不明 20140215、a709

 

NHK バリ島で不明の邦人7人 あすも捜索 20140215

https://twitter.com/dukecave/status/735674142423273472

・TNJ バリ島事故で1人の遺体発見 20140218

 

・NNN バリ島で邦人死亡 置き去りの船長に禁錮刑 20140708、a710

 

・バリ島事故、過失容疑で船長逮捕 現場海域に7人を案内|共同通信、2014.2.21

f:id:dukecave:20160613201050j:plain

アグスティヌス・ブラタ・クスマ被告(30)

・船長に禁錮3年 バリ島ダイバー死亡事故|NHK、2014.7.8、a711

 

主催した現地ダイビングサービス「イエロースクーバ」は、この事故により閉店してしまった。
http://www.yellowscuba.com/ ←リンク切れ

https://archive.is/fXmEl、a712

f:id:dukecave:20160613194807p:plain

亡くなったイントラ・高橋祥子の夫でオーナーの現地人プトゥ・マハルダナと、救助されたイントラ・古川さおりのコメントが何とも悲しい・・・

 

下記サイトによれば、エントリーして15分くらいで天候が急変し、大雨になったそうだ。アグスティヌス船長は視界不良でダイバーを見失い、浮上した 7名は一緒に海面を漂っていたそうだ。イントラ・古川さおりは救援を呼ぶためにグループを離れ、残る6名はペニダ島の岩場に泳ぎ着いて4名は岩場にはい上 がったものの、ダイバー客・宮田律子はなかなか上がれず、イントラ・高橋祥子と共に大きな波に流されたそうだ。

 

・バリ日本人女性ダイバー漂流事故の経過|Marine Diving web、2014.3.17、a713

・バリ島のダイビング事故 故宮田律子殿 | Diary of SEVEN 7、2014.3.2、a714

・百回目の記念ダイブ、流され手を振り…夫が涙|読売新聞、2014.2.19

 

これは私の勝手な想像だが、死亡したダイバー客・宮田律子は59才で、他は20~30代である。本人の泳力・体力が劣っていたために、このような死亡事故につながった可能性がある。
(他の4人は岩場にはい上がって救助されている。)

時々「泳げなくてもダイバーになれる!」をうたい文句に講習を行っているサービスがあるが、私個人的にはありえない。

個人主義・自己責任が基本のアメリカでは、万一事故が発生しても誓約書(免責同意書)を事前に交わしておけば、責任を問われないが(近年はアメリカでも免責同意書の効力は薄れているらしい)、日本ではこのような同意書は公序良俗に反するとして無効となり、サービス・イントラ側もきっちり責任を問われる。(今回事故が起きたインドネシア・バリ島ではどのような扱いなのだろうか?)

そもそも日本人はそのような気質ではない。死亡したイントラ・高橋祥子も懸命にダイバー客・宮田律子をかばい、共に死亡してしまった可能性を考えれば、何とも悲しい事故である。

自己責任が基本の海外では通用する「泳げなくてもダイバーになれる!」というフレーズは、国親主義・思想の日本では到底受け入れられない。事故が起きたら当事者だけでなく周囲も心配し、多大な迷惑を掛けることになる。

ダイビングは自己責任だろ!と言う人は、日本はそういう国体ではないので、海外に移住してダイビングするしかない。

 

今後は、

泳げない奴はダイビングすんな! みんなに迷惑!
Non-Swimmer No Dive!
Give Everyone Trouble!

をキャッチフレーズに、イントラやガイドは講習生・ファンダイバーをしごき倒せばいいと思う。
(あるいは放置プレイ)

また、

年寄りのファンダイビングは周りの苦しみにつながる! やりたい奴はセルフで!
Old People Fun Dive Lead To Suffering Around!
Dive For Yourself!

厳しいようだが、高齢者はそれなりの覚悟を持ってダイビングするべきである。できないなら安全海域でやるべき。

私が好きだったテレビ番組「パペポTV」で上岡龍太郎が「70才以上の年寄りは殺すべき!」と言っていたのを思い出した・・・

 

おまけ 2016.6.13追記

ダイビング業界はアチラの方が多いので…

 

【おしまい】